• 印刷する

愛知の企業、印技能実習生送り出し機関に

日本語学校の運営や企業向けに社員研修、外国人集合研修を手掛けるARMS(アームス、愛知県知立市)はこのほど、インド政府からインド人技能実習生の送り出し機関として認定を受けた。2019年9月までに150人の派遣を目指す。

ARMSは9月から技能実習生、エンジニアや留学生向けに日本語のほか、日本の文化やマナーに関する研修を行う。研修は北部ウッタルプラデシュ州ノイダに立ち上げた現地法人が担う。

インドの技能開発・起業促進省は15年、日本の技能実習制度(TITP)に参画するため、国際研修協力機構(JITCO)と討議議事録を締結。これまでにインド工業連盟(CII)、インド商工会議所協議会(ASSOCHAM)、全国技能開発公社(NSDC)、人材サービスのチーム・リース、センチュリオン技術経営大学(CUTM)などが送り出し機関として認定されている。ARMSによると、日本企業が認定されたのは同社が初めてという。


関連国・地域: インド日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人の大家は大のハ…(10/16)

台湾二輪キムコがインド参入 地場と提携、3年で56億円を投資(10/16)

電動二輪開発の新興企業、来年の発売目指す(10/16)

EVなどの課題解決、MGが有望な12社選定(10/16)

当面は高級車に注力、起亜自の現法社長(10/16)

鉄鋼タタ、破綻ブーシャンの生産能力増強へ(10/16)

セメント価格、半年で10%上昇見通し(10/16)

9月の卸売物価は5.13%上昇、前月から加速(10/16)

8月の鉱工業生産指数、4.3%上昇(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン