• 印刷する

17年の赤字企業38%、過去最多に

韓国国税庁の統計によると、2017年に最終損益が赤字(ゼロも含む)だった企業の数は前年比9.8%増の26万4,564社と、2012年の統計開始以来で最も多かった。

法人税を申告した企業全体に占める割合も38.0%と、過去最大を記録した。利益を出したものの1,000万ウォン(約100万円)以下という企業は8万5,468社に上った。赤字企業と合わせると全体の50.3%となる。

一方で、最終損益が100億ウォン以上の黒字だった企業は2,394社で、前年比12.1%増加した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中小企業の5割、「19年は守りの経営」(18:40)

エコカー普及に注力、22年までに50万台(17:54)

JALとKAL、マイル積み立てで提携開始(16:28)

テイクオフ:今年も残りわずかとなり…(12/19)

「好循環」が成長後押し 熱戦eスポーツ(上)20年の歴史(12/19)

11月輸出額4.1%増、500億米ドル超え=確定値(12/19)

韓国の起亜自動車、来年は販売1万台目標(12/19)

上場企業が来年小幅増益、半導体大手不振で(12/19)

国内企業のモバイル決済、海外でも可能に(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン