全農が薄切り和牛で米市場開拓、狙いは高所得層

【ロサンゼルス共同=古瀬敬之】和牛の米国向け輸出を増やそうと、全国農業協同組合連合会(JA全農)がステーキの本場で薄切り肉を売り込んでいる。主なターゲットは、西部カリフォルニア州シリコンバレーのIT企業などに勤める高所得層や薄切り肉を食べ慣れたアジア系の人たち…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

ビューティガレージ、台湾千冠莉を子会社化(13:39)

りたりこ、韓国の補聴器メーカーに出資(14:59)

韓国トヨタ、全南・順天に新ショールーム(12:31)

日本留学への関心高まる フェア、過去最高の2千人来訪(08/20)

【書籍ランキング】8月2日~8月8日(08/20)

東南アの住宅サイト大手へ DOT、若者取り込み比首位(08/20)

関西電力、マンダレー近郊で水力発電所(08/20)

エアアジアが欧米便に意欲、日本発着国際線強化(08/20)

成長する中古車EC市場 ドゥルーム、取引高が急拡大(08/20)

HCM市で腕時計「オリエント」の専門店(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン