医療機器市場、年20%成長へ 日本メーカーも販売拡大の余地

病院や診療所などの新設・近代化が進むベトナムで、医療機器市場が拡大しつつある。ホーチミン医療機器協会(HMEA)は、向こう数年にわたり市場は年20%超の成長率を維持すると予測している。現在、医療機器の90%以上が輸入されており、主な輸入元の一つである日本のメーカー…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

ハウス食品、越でカレー事業 「カレー元年」日系各社も続々と(12/10)

ヤマハ、「ノザグランデ」19年モデル発売(12/10)

エアアジア、ハイアウと合弁でベトナム進出(12/10)

HCM市、バス管理にRFIDを試験導入(12/10)

フーロン不動産、ポスコ建設と包括提携(12/10)

韓国の建設デウォン、越事業拡大へ資金確保(12/10)

韓ハンファ、航空機エンジン部品工場を開設(12/10)

韓国ロック&ロック、越の10大ブランドに(12/10)

スイスのABB、ロボット技術センター開設(12/10)

ラックランド、日系アルミメーカーを傘下に(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン