• 印刷する

テイクオフ:政権を握るインド人民党…

政権を握るインド人民党(BJP)が不法移民に強硬姿勢を取り始めたことで、国内に波紋が広がっている。

きっかけとなったのは、BJPが与党の座につく北東部アッサム州で先ごろ発表された暫定版の「国民登録簿(NRC)」だ。政府当局は暫定版の名簿で、州内には就労目的で不法入国したバングラデシュ人など、不法移民が400万人いると指摘。一部州民の間で混乱が広がり、野党はこれを「国民の不安をあおるものだ」と批判している。

ただ、問題となっているのは、これら400万人の大部分が偽の本人確認書類を持ち、投票権を持つ市民として暮らしていたことだ。BJPは、一部の地方政党が彼らに投票することを条件に、不法移民による書類取得の便宜を図ったと主張している。来年の総選挙に向けてインド国内では今後、不法移民問題が大きな論争を生むことになりそうだ。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:深夜のデリー空港。入国…(03/27)

車サービスに新興企業が参入 移動の多様化(上)、狙いは近距離(03/27)

EV充電施設、首都の131カ所に設置へ(03/27)

現代自現法、労組と3年間の賃金協定を締結(03/27)

セブンイレブン、ムンバイに8店舗を設置へ(03/27)

ジンダル、直接還元鉄プラントの操業再開(03/27)

電力インフラのカルパタル、北欧の同業買収(03/27)

エネルギー転換ランク、印は76位に上昇(03/27)

建設L&T、建物と水処理で大型受注7件(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン