• 印刷する

テイクオフ:政権を握るインド人民党…

政権を握るインド人民党(BJP)が不法移民に強硬姿勢を取り始めたことで、国内に波紋が広がっている。

きっかけとなったのは、BJPが与党の座につく北東部アッサム州で先ごろ発表された暫定版の「国民登録簿(NRC)」だ。政府当局は暫定版の名簿で、州内には就労目的で不法入国したバングラデシュ人など、不法移民が400万人いると指摘。一部州民の間で混乱が広がり、野党はこれを「国民の不安をあおるものだ」と批判している。

ただ、問題となっているのは、これら400万人の大部分が偽の本人確認書類を持ち、投票権を持つ市民として暮らしていたことだ。BJPは、一部の地方政党が彼らに投票することを条件に、不法移民による書類取得の便宜を図ったと主張している。来年の総選挙に向けてインド国内では今後、不法移民問題が大きな論争を生むことになりそうだ。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア自動車データ集】生産台数(329)(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

リーラコーエン、日本に就職相談窓口を設置(08/15)

テイクオフ:「ネループレースに行け…(08/14)

CPI上昇率、7月は4.17%に鈍化(08/14)

車両の輸入規制緩和、業界から懸念の声(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

廃車政策、買い替え時の金利補助導入も(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン