• 印刷する

テイクオフ:政権を握るインド人民党…

政権を握るインド人民党(BJP)が不法移民に強硬姿勢を取り始めたことで、国内に波紋が広がっている。

きっかけとなったのは、BJPが与党の座につく北東部アッサム州で先ごろ発表された暫定版の「国民登録簿(NRC)」だ。政府当局は暫定版の名簿で、州内には就労目的で不法入国したバングラデシュ人など、不法移民が400万人いると指摘。一部州民の間で混乱が広がり、野党はこれを「国民の不安をあおるものだ」と批判している。

ただ、問題となっているのは、これら400万人の大部分が偽の本人確認書類を持ち、投票権を持つ市民として暮らしていたことだ。BJPは、一部の地方政党が彼らに投票することを条件に、不法移民による書類取得の便宜を図ったと主張している。来年の総選挙に向けてインド国内では今後、不法移民問題が大きな論争を生むことになりそうだ。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド5州の州議会選挙…(12/10)

EC2社の首位争い拮抗 アマゾンとFK、課題は赤字削減(12/10)

電動三輪キネティック、伊ブランドと提携(12/10)

インド大統領、10~14日にミャンマー訪問(12/10)

シェル、世界初の組み立て式トラックを公開(12/10)

二輪ロイヤル、タイ子会社の設置を計画(12/10)

サプラ、インド沖海底油田で設備共同受注(12/10)

起亜自、AP州にHVやEVを寄贈(12/10)

JKタイヤ、北部の工場拡張に125億ルピー(12/10)

タイヤ輸出額、本年度は1200億ルピー超予測(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン