• 印刷する

テイクオフ:異例とも言われる東から…

異例とも言われる東から西への進路を取り、種子島付近で一回転した後、3日に上海市に上陸した台風12号。ニュースサイトの上観新聞によると、上海は先月22日にも崇明島にだが台風が上陸したばかりで、2週間のうちに2度、台風が同市に上陸するのは記録のある1873年以降で初めてだという。

この12号とは国をまたいで2度目の遭遇となった。先週、祖母の一周忌法要のために帰省するとちょうど西進の真っ最中で、よりにもよって法要の日に付近を通過していったのである。

親族らは台風情報を気にしつつ慌ただしく集まり、僧侶も気を利かせたものか読経がいつになくハイテンポだった。法要後の会食は中止し、ただちに家路につく。集合してから解散するまで3時間をきる電光石火の早業であった。こればかりは仕方がないとは言え、天国の祖母はあっけにとられたことだろう。(反)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事が終わって最寄り駅…(03/21)

テイクオフ:上海のローカル保育園に…(03/21)

大気、水質ともに改善進む 18年環境報告、今年も取組継続(03/21)

公共通信設備の中国企業への発注、行政院は否定(03/21)

シェア車両の保証金は原則禁止、規定制定へ(03/21)

中銀香港、香港で本土口座の開設が可能に(03/21)

米中閣僚級協議を来週開催、首脳会談の調整も(03/21)

HSBC保険部門、今年2桁台増収へ(03/21)

AIと実体経済の融合推進、深化改革委(03/21)

今年は保険業の底上げに注力、陳財政長官(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン