• 印刷する

テイクオフ:今年はスポーツの祭典が…

今年はスポーツの祭典が目白押しだ。平昌冬季五輪にサッカーW杯ロシア大会、そしてまもなく、五輪のアジア版、ジャカルタ・パレンバンアジア大会がまもなく開幕する。

五輪やアジア大会の花形競技といえば、誰もが「陸上競技」を思い浮かべるだろう。ところが韓国は事情が異なる。「どうして体格も身体能力も似ているのに韓国では選手が育たないのだろう」と前から疑問に思っていた。

「兵役免除の可能性がないからだよ」と、韓国の友人は言う。韓国の男性は満32歳までに軍隊に行かなければならない。それはスポーツ選手も例外はない。ただし、五輪で3位以内、アジア大会で優勝すれば、特別に免除される。

今大会はサッカー韓国代表のソン・フンミン選手が兵役免除を獲得できるかどうかが最も注目されているのも、そんな背景があるわけだ。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国の競争力、世界で15位=WEF(15:55)

サムスン、カナダに7カ所目のAIセンター(15:55)

化粧品ODM韓国コルマー、中国に第2工場(16:39)

テイクオフ:17年も待ちました——…(10/17)

東レがフィルター合弁設立 空気清浄機用、アジア需要に対応(10/17)

韓進会長が在宅起訴、裁判では実刑判決も(10/17)

現代タインコン「グランドi10」がリコール(10/17)

18年連続で満足度1位、韓国富士ゼロックス(10/17)

製造業、10~12月期の景況見通しが悪化(10/17)

労働時間短縮で余暇時間増、会社員の6割(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン