• 印刷する

釜山~シンガ路線開設に前進、航空当局合意

韓国国土交通省は3日、ソウルで開かれた韓国・シンガポール航空会談で釜山・金海空港とチャンギ空港間の航空機運航可能数を最大週14回に拡大することで合意したと発表した。現在、金海~チャンギの運航路線ない。国交省は「今回の合意で、金海空港からシンガポールへ直接向かう航空便の開設土台が整えられた」と説明した。

両空港間の運航回数は機材別に異なり、格安航空会社(LCC)が主に使用するエアバス「A312—NEO」とボーイング「B737—MAX」が週14回、フルサービスキャリアが使用するボーイング「B777」が週8回とされた。

現在、金海空港からチャンギ空港への直行便は運航されておらず、金海空港の利用者は一度、ソウル・仁川空港で乗り換える必要があった。また、金海~チャンギ路線が就航すれば、東南アジアの旅行客が釜山を訪れやすくなり、訪韓外国人観光客の増加につながるとの期待もある。

国土交通省によると、金海空港の利用客増加に備え、「金海新空港」の建設も検討している。


関連国・地域: 韓国シンガポール
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここで写真を撮らないで…(12/13)

現代自、燃料電池事業に拍車 7千億円超を投資、世界トップ狙う(12/13)

大型SUV「パリセード」発売、現代自(12/13)

短期カーリース、19年から大企業に制約(12/13)

チュオンハイ、起亜「セラト」の新型発売(12/13)

現代自がHVを来年投入、価格300万円超(12/13)

韓国SKマジック、浄水器レンタルに参入(12/13)

11月失業率3.2%、前年同月比0.1P悪化(12/13)

韓国CEO7割、「景気は長期型不況」(12/13)

保険大手の教保生命、19年下期に上場へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン