総合商社4社、2Q実績は明暗分かれる

韓国の大手総合商社4社の4〜6月期実績は、2社が資源開発や貿易が好調だった一方、2社が事業改編などの影響で収益が落ちる対照的な結果となった。5日付アジア経済新聞が伝えた。 ポスコ大宇の連結ベースの実績は、営業利益が1,360億ウォン(約134億円)で昨年同期比40.4%増…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新車販売、日産がトップ3に 1~2月は韓国現代自超え(03/22)

ビール輸入額、3年で倍増 日本トップ、中国・米国産が追う(03/22)

中国・塩城工場での生産中断、起亜自(03/22)

給油所大手、政府のEV充電所事業に参加(03/22)

現代モービス、ロシア社と自動運転技術開発(03/22)

韓国ソウル交通公社、ダナン都市鉄道で覚書(03/22)

SKイノ、米でEVバッテリー工場着工(03/22)

カカオがブロックチェーン事業、6月に始動(03/22)

サムスン、EUV採用せず最先端DRAM(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン