• 印刷する

テイクオフ:フィリピンのトイレは、…

フィリピンのトイレは、温水洗浄便座こそ普及していないものの、東南アジア的には良くも悪くもないレベルと思っている。しかし海外に慣れていない人からすると衝撃らしい。トイレットペーパーがないのは当たり前として、便座がない、水浸し、詰まりがち──。挙げればキリがないが、遊びに来た友人の当地のイメージがトイレで決められると少々悲しい。

そんなふうにトイレに期待しない寛容な心を持っていても、勘弁してくれと思うトイレがある。

歩道橋の下や道端でたまに見かける、男性の小用の簡易トイレだ。便器も仕切りもなくかなり背の低い小さな囲いがあるだけ。マニラ首都圏開発庁(MMDA)のマーク付きだが、ほぼ立ち小便なので、日本なら軽犯罪法違反だろう。タクシー運転手などがよく利用していて、ふと目が合ったときの気まずさたるや。せめてついたてくらい設置してほしい。(あ)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昨年10月のインドネシ…(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

予算案の両院対立続く、下院は法案撤回せず(03/21)

2月の国際収支、4.67億ドルの黒字(03/21)

LTグループ、18年も金融けん引し増収増益(03/21)

20日為替:$1=52.810ペソ(↑)(03/21)

小売りロビンソンズ、18年は15%増収(03/21)

外食ジョリビー、4月にグアム進出(03/21)

不動産センチュリー、18年は6割超増収増益(03/21)

18年4Qの建設認可件数、21%増の4万件(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン