• 印刷する

セムコープ、4~6月期は47%増益

シンガポール政府系コングロマリット(複合企業)セムコープ・インダストリーズが3日発表した第2四半期(4~6月)決算は、純利益が8,192万Sドル(約66億7,075万円)となり、前年同期から46.8%増加した。公益部門と都市開発部門がともに好調だった。売上高は46.6%増の33億4,387万Sドル。

部門別では、公益部門の純利益が97.8%増の8,501万Sドル。インド事業が黒字転換したことなどが貢献した。都市開発部門は中国・成都やベトナムでの商業用地・工業用地の売却益を計上したことで、前年同期の4倍超の3,542万Sドルとなった。

一方、海洋部門は3,372万Sドルの赤字。前年同期は297万Sドルの黒字だった。セムコープは同部門について、「事業改善の努力が奏功し、事業機会は増えてきているものの、回復にはまだ時間がかかる」と説明した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: その他製造運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:常夏のシンガポールでも…(12/10)

有田みかん販促でPRイベント 有望市場向けの輸出拡大に期待(12/10)

領海巡りマレーシアと対立、港界線を拡大(12/10)

明治屋、来年6月に中心部で2号店開業(12/10)

東大系投資会社、アストロスケールに出資(12/10)

ジャパンフーズ、海外進出で地場同業と合弁(12/10)

陸上庁、駅で自律走行警備ロボットを試験導入(12/10)

ケッペル、無錫でスマートシティー開発(12/10)

国有地14区画放出、住宅建設可能戸数は減少(12/10)

公営住宅の新規供給、19年は1万5千戸(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン