• 印刷する

セムコープ、4~6月期は47%増益

シンガポール政府系コングロマリット(複合企業)セムコープ・インダストリーズが3日発表した第2四半期(4~6月)決算は、純利益が8,192万Sドル(約66億7,075万円)となり、前年同期から46.8%増加した。公益部門と都市開発部門がともに好調だった。売上高は46.6%増の33億4,387万Sドル。

部門別では、公益部門の純利益が97.8%増の8,501万Sドル。インド事業が黒字転換したことなどが貢献した。都市開発部門は中国・成都やベトナムでの商業用地・工業用地の売却益を計上したことで、前年同期の4倍超の3,542万Sドルとなった。

一方、海洋部門は3,372万Sドルの赤字。前年同期は297万Sドルの黒字だった。セムコープは同部門について、「事業改善の努力が奏功し、事業機会は増えてきているものの、回復にはまだ時間がかかる」と説明した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: その他製造運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールは多民族国…(08/26)

【識者の見方】ディープテック企業が増加 スタートアップ、医療分野活況(08/26)

JR東が共用オフィス開所、生活サービス強化(08/26)

米中摩擦の最悪シナリオに準備必要=貿易相(08/26)

コアインフレ率、3年4カ月ぶり低水準(08/26)

ECショッピー、2四半期連続で東南ア首位(08/26)

越境電子決済の市場拡大、新規参入企業も(08/26)

チャンギ空港の貨物取扱量、7カ月連続減少(08/26)

石油ガス開発の米社、東南アジア事業強化へ(08/26)

東京の医師が1億円申告漏れ、法人設置で(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン