印が報復関税発動を延期、米からの輸入品

【バンコク共同】インド政府は3日、米国が行っている鉄鋼やアルミニウムの輸入制限に対抗して米国からの輸入品に課す報復関税の発動を、予定していた今月4日から45日間延期することを決めた。複数のインドメディアが報じた。 両国が解決に向けて取り組んでいるためという。また…

関連国・地域: インド米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:商品棚を見回して目当て…(03/19)

電動二輪、22年に50万台市場 大手参入で拡大路線に=専門家(03/19)

ルノー、3年後に販売台数を2倍に拡大(03/19)

イラン産鉄鋼の禁輸、業界が政府に要望(03/19)

SPML、88億ルピーの水道・灌漑事業受注(03/19)

L&T、ITマインドツリーに敵対的買収(03/19)

DLF、グルガオンの商業開発に75億ルピー(03/19)

HDFC、首都と西部で80億円の宅地開発(03/19)

不動産ブリゲード、共用オフィス事業に参入(03/19)

建材NCL、南部工場でドアの生産開始(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン