• 印刷する

「香港市場の拡大余地大きい」、ペイパル

米決済サービス大手ペイパルの香港・韓国・台湾中小型顧客・チャンネル提携パートナー、梁家銘氏はこのほど、「香港市場の拡大余地は大きい」との見解を示した。さまざまな業界と提携を強め、競争が激化する香港の電子決済市場で勝ち残る考えだ。香港経済日報が伝えた。

梁氏は香港の電子決済市場について「中国本土やシンガポールなどに比べ後れを取っているものの、その分拡大の余地がある」と指摘。電子決済サービスの多様化に伴う競争に打ち勝つために、ペイパルは旅行会社と組んで価格を優遇するキャンペーンなどを実施している。

ペイパルが実施した調査では、香港の消費者がアジアのその他地域に比べ電子決済の個人情報に関わる問題により敏感であることが分かった。ペイパルは安全性を優先するため、香港で急速に普及しているNFC(近距離無線通信)決済に参入せず、今後も香港では需要の高い電子商取引(EC)向けのクロスボーダー決済に注力する。


関連国・地域: 香港米国
関連業種: 金融IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:映画を観ることが好きな…(10/16)

住宅の小型化に歯止めか 公営供給増加で需要変化(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

週末住宅取引、新築は5割減の112戸(10/16)

香港株式の実名制導入、来年にも諮問へ(10/16)

仮想通貨取引所に規制導入を検討、SFC(10/16)

英国とファンド相互承認、2500本販売可能に(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン