香港上海大酒店、中間期は純益24%増

高級ホテルを経営する香港上海大酒店(ホンコン&シャンハイ・ホテルズ)が3日発表した2018年6月中間期決算は、純利益が前年比24.1%増の6億4,400万HKドル(約91億6,300万円)だった。香港を中心に、各市場で売り上げを伸ばした。投資不動産の評価益などを除いた純利益は41%増…

関連国・地域: 香港
関連業種: サービス観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

高級腕時計のエンペラー、今年6店出店へ(19:02)

テイクオフ:数週間前から激しいじん…(03/21)

人工島開発に6240億ドル 政府試算、インフラ事業で最高額(03/21)

12~2月の失業率、4業種で改善(03/21)

中銀香港、香港で本土口座の開設が可能に(03/21)

HSBC保険部門、今年2桁台増収へ(03/21)

今年は保険業の底上げに注力、陳財政長官(03/21)

HKEX、18年は企業取締役120人制裁(03/21)

反落、刺激材料に乏しく=香港株式(03/21)

モスが海外初の日本コンセプト店、九龍湾に(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン