• 印刷する

タタ自がタイ生産を終了へ、成長性見込めず

インドの自動車大手タタ・モーターズは、タイでの自動車生産を本年度(2018年4月~19年3月)で停止すると発表した。ピックアップトラック市場の競争が過熱する中、事業の成長性が見込めないと判断。販売は今後も続ける方針で、今後は完成車(CBU)輸出で対応する。3日付バンコクポストが報じた。

タタは「タイ事業は補助的な規模で、持続性がないため生産の停止を決定した」と説明。タイの生産事業では、昨年に17億ルピー(約27億6,000万円)の赤字を計上していた。生産終了後はCBU輸出で対応するほか、現地の顧客向けの保守サービスも継続するという。

タタは車両組み立てを手掛けるバンチャン・ゼネラル・アセンブリー(BGAC)の工場で自動車を生産。年産能力は、1トンピックアップトラック「ゼノン」が8,000台、小型トラック「スーパー・エース・ミント」が2,500台の計1万500台。

タイでの販売台数は、10年は5,269台だったが減少を続け、昨年は前年比13.9%減の986台と1,000台以下に低迷。今年上半期(1~6月)の販売台数は、前年同期比15.9%減の392台だった。


関連国・地域: タイインド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(13:29)

サムスン、タイの大型石油プラント受注(17:34)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(17:01)

テイクオフ:美容大国タイ。どんなも…(10/22)

タイを日本人起業家の拠点に 日本政府が本腰、財閥と提携支援(10/22)

LINE、クラウドソーシング企業に出資(10/22)

四国電力、タイでEV製造のFOMMに出資(10/22)

CRCタイワサドゥ、カーケア事業に参入(10/22)

ベスパ、プリマベーラ50周年記念モデル発売(10/22)

カンボジアとタイ、共通ビザの導入再提案(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン