通信3社中2社が営業減益、新会計基準受け

韓国の通信大手3社の2018年4~6月期の連結決算が3日出そろった。業績の計上方法に関する新しい基準(収益認識基準)を導入したことで、SKテレコム(SKT)とKTの2社が前年同期比で営業減益となった。 SKTは売上高が4兆1,543億ウォンで4.4%減、営業利益が3,469億ウ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

韓国とイスラエル、FTA交渉妥結(19:26)

ベンツコリア、部品物流センターを2倍に(19:26)

イケア進出5年、売上高が5000億ウォン超(19:26)

斗山インフラ、インドネシア社と生産協力(19:26)

大韓航空、ドローン産業育成に本腰(19:26)

セルトリオン、日本で乳がん薬の追加許可(19:26)

テイクオフ:日本製品のボイコットが…(08/22)

【日韓対立】高まるカントリーリスク 日系は信頼重視、韓国は依存脱却(08/22)

韓国政府、日本食品の放射性物質検査を強化(08/22)

7月の訪日韓国人7.6%減、日韓関係悪化で(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン