• 印刷する

ホンダ新車販売、7月は7.8%減の10.6万台

ホンダの中国法人、本田技研工業(中国)投資は3日、中国における7月の新車販売台数(小売りベース)が前年同月比7.8%減の10万5,960台だったと発表した。

チャンネル別の販売台数は、広州汽車集団との合弁の広汽本田汽車(広汽ホンダ)が0.8%減の5万4,605台、東風汽車集団との合弁の東風本田汽車(東風ホンダ)が14.2%減の5万1,355台だった。

広汽ホンダの車種別販売は、スポーツタイプ多目的車(SUV)「ヴェゼル(繽智)」が2.9%減の1万1,252台、主力セダンの「アコード(雅閣)」が5.3%減の1万234台、セダン「クライダー(凌派)」が4.9%減の7,516台、大型SUV「アヴァンシア(冠道)」が9.0%減の6,592台、セダン「シティ(鋒范)」が0.9%減の4,642台、多目的車(MPV)「オデッセイ(奥徳賽)」が5.8%減の2,721台と軒並みマイナス。一方、小型車「フィット(飛度)」は24.6%増の1万1,029台と2桁の伸びを記録した。

東風ホンダは、セダン「シビック(思域)」が4.3%増の1万7,004台、SUV「CR―V」が160.3%増の1万377台と前年実績を上回った。SUV「XR―V」は33.5%減の1万2,185台、MPV「エリシオン(艾力紳)」は21.1%減の3,522台、SUV「UR―V」は27.0%減の3,193台と落ち込んだ。

1~7月の累計販売台数は、全体で前年同期比6.6%減の71万5,060台。うち広汽ホンダはほぼ横ばいの39万2,233台、東風ホンダは13.5%減の32万2,827台となっている。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1~3月の電力消費、5.5%増の1.6兆kWh(16:43)

中石油系が給油市場に参入 地場と合弁、ヤンゴンに1号店(04/22)

塩害対策で地下工事中断、ラオス中国鉄道(04/22)

対カンボジア貿易巡り対立 米中、「貢献度」互いに譲らず(04/22)

JDIが2百億円借り入れ、INCJから(04/22)

テイクオフ:「鶏肉ご飯にしますか、…(04/22)

政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける(04/22)

現代自、中国で低迷長期化 北京工場の稼働中断も(04/22)

21品目を追加関税適用除外に 米通商代表部、計85品目に拡大(04/22)

バンダル・マレーシア再開、中国社も参加(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン