• 印刷する

首都で賃貸物件伸びる、工場労働者が借手

カンボジアの首都プノンペンで、安い賃貸物件の市場が拡大している。縫製品工場を中心に、地方出身の工場労働者の流入が続いているためだ。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

カンボジアで操業する工場では約100万人が働き、工場の大半は首都と首都郊外に位置する。不動産会社プノンペン・デイリー・プロパティによると、工場労働者は職場周辺で月額賃料が100米ドル(約1万1,200円)以下の物件に住むことが多く、複数人で同居して賃料を分け合うこともあるという。

アマタク・プロパティ・サービスのタン社長は「首都郊外の低価格物件は工場労働者だけでなく、学生や月収が200~300万米ドル程度の社会人にも人気がある」と述べた。 

建設省によると、プノンペンの人口は2030年までに400万~700万人に達する見通し。チア・ソパラ建設相は、同年までに100万戸以上の住宅を建設する必要があるとの見解を示している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

世界遺産地区に巨大リゾート 米系ソンサー、2.5億ドル投資(10/17)

トリドール、外食人材育成校を開校(10/17)

ユーロチャム、経済制裁に反対表明(10/17)

関税優遇措置の停止回避へ、EUと交渉(10/17)

シンガのリンペイ、仮想通貨決済に参入(10/17)

首相の長男、反政府勢力は「国益の損害」(10/17)

過積載車両の検査で汚職、職員14人を解雇(10/17)

アジア投資「欧州流」強調、中国意識(10/17)

4~6月の経常赤字43%増 8.1億ドル、3四半期連続の拡大(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン