• 印刷する

配車ライド、タクシー予約サービスの免許取得

シンガポールで配車アプリを展開するライド(Ryde)・テクノロジーズは2日、タクシー予約サービスの事業免許を陸上交通庁(LTA)から取得したと発表した。これにより、自家用車の配車サービス「ライドX」でタクシーの手配も可能になる。

ライドが取得したのは、事前に確定した運賃でタクシーを配車することができるライセンス。需給状況に応じて運賃が変動するサージプライシング制度も導入可能だ。

もともと自動車の相乗りサービスなどを提供していたライドは5月、自家用車の配車サービスを開始。ライドXに登録する運転手の数はこれまでに、当初の6倍に増えている。

同社はさらに年内に、7,000人のタクシー運転手の登録を目指す。自家用車の運転手と合わせて2万人以上の体制とすることで、利用者が空車を見つけやすくなり、待ち時間は現在の平均5分から4分に短縮される見通しという。

事前確定運賃で自家用車とタクシーを一括配車するサービスは昨年3月、地場の同業グラブが導入している。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:国土が極端に小さいシン…(12/13)

高齢者の88%が携帯電話所有 IMDAの通信サービス調査(12/13)

オネストビー、小田急百貨店と提携(12/13)

JR東日本、オーチャードに期間限定店開設(12/13)

越境ECの利用、ア太地域で2番目に活発(12/13)

ニッポンプラットフォーム、NETSと提携(12/13)

株価7営業日ぶり反発、OCBCは1.4%高(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

日本郵船、三菱商事子会社と定期用船契約(12/13)

香港と星の企業統治に弱み、種類株解禁で(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン