• 印刷する

住友化学、インドの子会社2社を合併

住友化学は2日、インドで展開する2社の農薬子会社を合併すると発表した。製品ラインアップや販売網の補完と、経営資源の効率化を目指す。海外への拡販にも力を入れる。

2000年設立の住友化学インドと、16年に買収したエクセル・クロップ・ケア(ECC)を合併する。存続会社は住友化学インドとなり、取引の完了後にインド証券取引所に新規上場する。

住友化学によると、インドの農薬市場は16年実績で世界第7位。21年までの5年間で年率4.6%の成長が見込まれている。医薬品の開発や食料・環境問題の解決につながるライフサイエンスを重点分野に位置付ける同社は、インドをはじめ世界で農薬事業を拡大させる方針だ。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 化学農林・水産金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「一足飛び」を数年前か…(10/23)

テイクオフ:インドに来てから何人の…(10/23)

企業の報奨旅行、インドで盛況 旅行会社は訪日誘致に熱戦(10/23)

宿泊予約オヨ、居住用物件の賃貸事業を始動(10/23)

中古車市場、本年度は1兆ルピー超えも(10/23)

ラカイン州、帰還難民向け仮設住宅を準備(10/23)

独系薬包装材ショット、西部工場で生産増強(10/23)

アルミスクラップ輸入量、上半期は21%増(10/23)

ダウンロード速度、上半期はRジオが首位(10/23)

中国の華為、インドで専売店1000店開設へ(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン