• 印刷する

住友化学、インドの子会社2社を合併

住友化学は2日、インドで展開する2社の農薬子会社を合併すると発表した。製品ラインアップや販売網の補完と、経営資源の効率化を目指す。海外への拡販にも力を入れる。

2000年設立の住友化学インドと、16年に買収したエクセル・クロップ・ケア(ECC)を合併する。存続会社は住友化学インドとなり、取引の完了後にインド証券取引所に新規上場する。

住友化学によると、インドの農薬市場は16年実績で世界第7位。21年までの5年間で年率4.6%の成長が見込まれている。医薬品の開発や食料・環境問題の解決につながるライフサイエンスを重点分野に位置付ける同社は、インドをはじめ世界で農薬事業を拡大させる方針だ。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 化学農林・水産金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週金曜、ニューデリー…(08/21)

タイヤ大手は軒並み増益 需要堅調、各社が積極投資へ(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

トピー工業合弁、西部でホイールの生産開始(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

乗用車の輸出額、4~6月は米国が2位に(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

ボルボアイシャー、公共交通用EVに注力(08/21)

現代がインドでカーシェア、地場企業に出資(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン