• 印刷する

テイクオフ:日本滞在中はずっとエア…

日本滞在中はずっとエアビーアンドビーを使って民泊を利用するよ――。航空機の中で隣の席に座ったシンガポール人女性はそう話した。聞くと、東京と大阪にそれぞれ1週間ずつ居る予定で、友人と数人で宿泊するという。別のシンガポール人の友人も、日本に遊びに行くときはだいたいエアビーアンドビーを使うそうだ。

国が小さいため、「旅行=海外旅行」な当地では、旅慣れている人が多い。団体旅行よりも個人旅行を好み、自分で交通手段や宿を手配するのが当たり前。1週間以上の滞在となると、民泊の方が断然ホテルよりも便利なのだそうだ。

エアビーアンドビーなどシェアリングエコノミー(共有経済)と呼ばれるサービスは、いわゆるミレニアル世代をターゲットにしたものが多い。確かに、話を聞いた2人はどちらも20代から30代前半。この世代の旅行の潮流が変わってきていることを実感する。(薩)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:鉄格子といった柵がなく…(10/17)

オン・オフライン融合の新店舗 国内初、オネストビーが開業(10/17)

日本へのMICE誘致、JNTOがイベント(10/17)

JBCC、シンガポール子会社を清算(10/17)

NETS、オンライン請求・集金サービス導入(10/17)

スターハブ、インフラ共有でM1と合意間近(10/17)

企業庁、インダストリー4.0の標準マップ開発(10/17)

企業庁と経済開発庁、独政府系VCと提携(10/17)

民間住宅価格、来年は8%上昇=モルガン(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン