• 印刷する

テイクオフ:日本滞在中はずっとエア…

日本滞在中はずっとエアビーアンドビーを使って民泊を利用するよ――。航空機の中で隣の席に座ったシンガポール人女性はそう話した。聞くと、東京と大阪にそれぞれ1週間ずつ居る予定で、友人と数人で宿泊するという。別のシンガポール人の友人も、日本に遊びに行くときはだいたいエアビーアンドビーを使うそうだ。

国が小さいため、「旅行=海外旅行」な当地では、旅慣れている人が多い。団体旅行よりも個人旅行を好み、自分で交通手段や宿を手配するのが当たり前。1週間以上の滞在となると、民泊の方が断然ホテルよりも便利なのだそうだ。

エアビーアンドビーなどシェアリングエコノミー(共有経済)と呼ばれるサービスは、いわゆるミレニアル世代をターゲットにしたものが多い。確かに、話を聞いた2人はどちらも20代から30代前半。この世代の旅行の潮流が変わってきていることを実感する。(薩)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

難民帰還の最優先を強調=スー・チー氏講演(08/22)

タイコン、シンガ系共有オフィス2カ所取得(08/22)

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

【訃報】古屋浩吉氏(前松屋社長)ほか(08/22)

テイクオフ:自宅のある東部から中心…(08/21)

東京都心の水族館をPR 横浜八景島、海外で観光客誘致(08/21)

【この人に聞く】NECが金融専門部門を設置 高まる新技術の需要に迅速に対応(08/21)

新医療費助成パッケージ、50年代生まれに提供(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン