• 印刷する

テイクオフ:日本滞在中はずっとエア…

日本滞在中はずっとエアビーアンドビーを使って民泊を利用するよ――。航空機の中で隣の席に座ったシンガポール人女性はそう話した。聞くと、東京と大阪にそれぞれ1週間ずつ居る予定で、友人と数人で宿泊するという。別のシンガポール人の友人も、日本に遊びに行くときはだいたいエアビーアンドビーを使うそうだ。

国が小さいため、「旅行=海外旅行」な当地では、旅慣れている人が多い。団体旅行よりも個人旅行を好み、自分で交通手段や宿を手配するのが当たり前。1週間以上の滞在となると、民泊の方が断然ホテルよりも便利なのだそうだ。

エアビーアンドビーなどシェアリングエコノミー(共有経済)と呼ばれるサービスは、いわゆるミレニアル世代をターゲットにしたものが多い。確かに、話を聞いた2人はどちらも20代から30代前半。この世代の旅行の潮流が変わってきていることを実感する。(薩)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日系の小売店が多く進出…(12/19)

トヨタ、グラブと提携強化 車両データ活用し総合サービス(12/19)

鉱業省、19年末にも初の原油生産開始(12/19)

ドンキ、シンガポールに中間持株会社設立(12/19)

ミャンマー産有機農産物、シンガで本格販売(12/19)

フリークアウト、地場ネット広告会社を買収(12/19)

税制優遇など提言、19年度予算案に=PwC(12/19)

オンデマンドバスの試験運行開始、評判は上々(12/19)

SIA新機材、仏タレスのエンタメ機器搭載(12/19)

公営住宅の賃貸契約期間、外国人は最長2年に(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン