フィリピン機が羽田に緊急着陸、けが人なし

【共同】1日午後11時5分ごろ、鹿児島県・奄美大島の東約400キロの上空を飛行していたフィリピン航空116便ボーイング777で、操縦室の計器が、左右に一つずつあるうちの左側のエンジンの潤滑油の圧力低下を示した。同機は緊急事態を宣言して羽田空港への着陸を要請し、2日午前0時…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

来年の昇給率は6%、マーサー予測(19:08)

タイ系石油PTT、来年30カ所以上に給油所(18:41)

テイクオフ:2018年の締めが近づ…(12/17)

3Q経常収支は29億ドル赤字 通年赤字は対GDP比1.9%に(12/17)

三菱自が貿産省を表敬訪問、輸出開始も検討(12/17)

NEDA長官「18年は厳しくも成長維持」(12/17)

外国人証券投資、11月は3カ月ぶり買い越し(12/17)

アジア開銀、マラウイ復興に4.1億ドル供与(12/17)

チェコ系消費者金融、来年に顧客7割増計画(12/17)

14日為替:$1=52.880ペソ(↓)(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン