• 印刷する

アジア大会の韓国向け放送網構築、KT

韓国通信大手のKTは2日、18日に開幕するジャカルタ・アジア大会の韓国向け国際放送網の構築作業が完了したと発表した。

KTは、ジャカルタ現地で撮影した競技映像を国際放送センター(IBC)からKBS、SBS、MBCの韓国放送局に転送する役割を担う。国際海底ケーブルと陸上の光ケーブルを使用し、遅延を最小限に抑えたリアルタイム放送を目指す。

転送にエラーが生じるなど万が一の状況を想定し、複数の迂回経路も準備。香港で運営する海外のアクセスポイント(POP)を活用する。

KTの関係者は「KTは2014年のサッカー・ブラジルW杯、16年のブラジル・リオ五輪、18年の平昌五輪で培った国際中継ノウハウを生かし、南北合同チームが出場するなど注目度の高いアジア大会の中継を支障なくスムーズに行えるよう徹底した準備を進めていく」とコメントした。


関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:きょうは大学修学能力試…(11/14)

LNG船、安値受注があだ 造船業界、業績回復に至らず(11/14)

燃料電池車やバイオ、規制自由特区7つ指定(11/14)

SKハイニックス、東京でイメージセンサー研究(11/14)

ハナ銀、ベトナム投資開発銀の第2位株主に(11/14)

韓国支援の工業団地開発、2件が進行中(11/14)

ダイナースカード韓国撤退、現代と契約満了(11/14)

現代モービス、レーダー適用の安全技術開発(11/14)

現代自、米・豪のエコカー市場攻略へ(11/14)

GSカルテックス、中東に原油取引所を設立(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン