BYD、充電規格「コンボ」普及団体に加盟

深セン市に本拠を構える中国エコカー(新エネルギー車=NEV)最大手の比亜迪(BYD)はこのほど、電気自動車(EV)の急速充電器の規格「Cоmbо(コンボ)」の普及を図る団体「CharIN」に加盟したと明らかにした。EV情報サイトのEV視界が2日伝えた。 Cha…

関連国・地域: 中国-深セン日本米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

国民が求める改革を推進、習総書記が強調(09/21)

米中貿易戦争、比は年間47億円受益(09/21)

米レミットリー、送金シェア4割めざす(09/21)

涼茶の鴻福堂、中国の全店閉鎖で撤退(09/21)

テイクオフ:「偽札が1枚あったら全…(09/21)

中国各地から高鉄で香港へ 国慶節、乗車券売り切れ相次ぐ(09/21)

千代田インテが車載部品強化 電動化に対応、機能材に強み(09/21)

ラオス中国鉄道、雇用問題を解決=学会(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

高鉄開通でキャセイに打撃、路線網に影響も(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン