BYD、充電規格「コンボ」普及団体に加盟

深セン市に本拠を構える中国エコカー(新エネルギー車=NEV)最大手の比亜迪(BYD)はこのほど、電気自動車(EV)の急速充電器の規格「Cоmbо(コンボ)」の普及を図る団体「CharIN」に加盟したと明らかにした。EV情報サイトのEV視界が2日伝えた。 Cha…

関連国・地域: 中国-深セン日本米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

TSLが米中貿易摩擦に備え、顧客離れ防止(13:26)

中国の納税時間3割短縮、世銀とPwC調査(12:36)

中国から自転車生産移管 米企業が計画、貿易摩擦を回避(11/21)

農業用ドローン販売、独バイエルと中国メーカー(11/21)

テイクオフ:広州モーターショーから…(11/21)

今年の訪日客は800万人超え 携程が予測、来年のビザ緩和期待(11/21)

アリババの独身の日、1時間で9万ドル販売(11/21)

運輸相、「一帯一路」は貿易拡大に寄与(11/21)

民営企業の支援強化、税制面から=税務総局(11/21)

日本フルハーフ、来年に冷蔵車ボディー生産(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン