資源リオ、中間配当が過去最高を記録

英豪系資源大手リオ・ティントはこのほど、2018年度上半期(1~6月)の中間配当が16年度の約3倍となる過去最高の1.27米ドル(約142円)になることを明らかにした。コモディティー価格の上昇に加え、今年前半に行ったクイーンズランド(QLD)州の石炭事業をはじめとする約50億…

関連国・地域: 中国オーストラリア欧州
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:カンタスの機内安全ビデ…(08/16)

新エネ法案承認、州政府が保留 労働党、上院で不支持方針(08/16)

住みやすい都市、メルボ2位陥落で大阪躍進(08/16)

豪2Q賃金2.1%上昇、低水準も今後伸びるか(08/16)

豪8月消費者マインド、下落も楽観続く(08/16)

長時間シフトには長期の病気休暇を=FWC(08/16)

ホワイトヘイブン通期、過去最高益を記録(08/16)

〔ポッサムのつぶやき〕企業は動物扱い情報を公開せよ!愛護団体(08/16)

大手2行の退職年金不正、また明らかに(08/16)

豪新興ローン会社、1.4億$の調達に成功(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン