• 印刷する

化学GACL、ポリ塩化アルミ工場を稼働

インド西部グジャラート州営のグジャラート・アルカリズ・アンド・ケミカルズ(GACL)は1日、同州バドダラでポリ塩化アルミニウムの生産施設を稼働したと発表した。年産能力は3万2,000トン。

同施設は、GACLがバドダラで運営する複合工場内に設置された。GACLは新施設で商業生産が開始されたことにより、約3億3,000万ルピー(約5億4,000万円)の売上増につながるとの見通しを示している。

GACLは同州ダヘジでも複合工場を運営している。同工場でも複数の生産施設を増設する計画で、2020/21年度(20年4月~21年3月)に完工する予定だ。GACLはこうした生産能力の拡張や新製品の投入、新規市場の開拓などを通じて、22年までに売上高を500億ルピーに引き上げる目標を掲げている。


関連国・地域: インド
関連業種: 化学

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週金曜、ニューデリー…(08/21)

タイヤ大手は軒並み増益 需要堅調、各社が積極投資へ(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

トピー工業合弁、西部でホイールの生産開始(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

乗用車の輸出額、4~6月は米国が2位に(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

ボルボアイシャー、公共交通用EVに注力(08/21)

現代がインドでカーシェア、地場企業に出資(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン