• 印刷する

テイクオフ:日本まで6時間。格安航…

日本まで6時間。格安航空の旅は、思いのほか快適だった。1カ月前に予約した航空券は片道1万8千円。一般の航空会社の半額以下だ。20キロの預け荷物、座席指定、食事と水のセット、遅延時の保険も付く。

食事はコンビニ弁当よりも簡素かも。しかし、準備が簡単だから、「着陸直前に食べたい」という乗客のリクエストにも応えていた。トイレは「食後の行列」もなく、地場ナショナル・フラッグ・キャリアよりも清潔だと感じた。アルコールやコーヒーなど利尿作用が働く飲み物が有料で、頼む人が少ないことも影響しているのだろう。長距離用機材なので、シートピッチは一般の航空会社とほぼ同じなのも「想定外」だった。

日系の航空会社なら、おいしい食事が供されて、無料で豊富な品ぞろえのお酒がついつい進んでしまう。しかし、「サービスは全て受益者負担」という格安航空も悪くないな、と思った。(遠)


関連国・地域: 日本
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】16日 18年訪日外国人数ほか(01/16)

日立、台鉄から特急600両受注 1600億円、21年以降の新型車両に(01/16)

マツダの18年販売は37%増 6年ぶり7万台、今年も1割増へ(01/16)

JTBが在留邦人の市場開拓 5店舗目をマカティ市に開設(01/16)

【人事】丸紅社長に柿木真澄氏ほか(01/16)

18年M&A額が過去最高 1千億ドル突破、今年も動き活発(01/16)

トヨタとダイハツが新モデル 小型MPV、競争市場に投入へ(01/16)

TMI総合法律事務所がオフィス開設(01/16)

「また日本で働きたい」が9割超、比人調査(01/16)

サタパナ銀、クレジットカードの発行開始(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン