パナソニックは増収増益、家電や車載電池は苦戦

【共同】パナソニックが7月31日発表した2018年4~6月期連結決算は売上高が前年同期比7.7%増の2兆87億円、純利益は17.6%増の573億円と増収増益だった。自動車向けや産業向けの機器販売が好調だった。ただエアコンなどの家電事業が苦戦したことに加え、注力する車載電池は設備…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国連計画と一帯一路は好機 成長後押し、中国依存には慎重論(12/12)

外国人材の活用を、福岡市でセミナー(12/12)

円借款メトロ、工事停止も 梅田大使「年内の未払い解決を」(12/12)

美的集団、エアコン投入強化 トップ3目指し日系市場に攻勢(12/12)

現代重が今治造船に設備供給 環境配慮型で成長目指す(12/12)

日本に車数量規制や為替条項要求、米産業界(12/12)

テラドローン、豪州企買収 資源対象の事業拡大へ(12/12)

東京中央日本語学院、ダバオの大学と提携(12/12)

トヨタが部品輸送を効率化、運転手不足対応(12/12)

日産、南部にIT開発拠点を開設(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン