南西部の水上ホテル破損、ダム側は責任否定

カンボジア南西部コッコン州の水上ホテルを破損した洪水について、上流のダムを運営する中国系企業は、放流が原因と主張していたホテル側の見解を改めて否定した。モンスーンの影響による大雨がホテルに被害を与えたと指摘している。クメール・タイムズ(電子版)が1日に伝えた。…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

カンボジア、ラオスに早急な送電を要請(08/26)

プノンペンSEZ、上期に黒字転換を実現(08/26)

日本のカンボジア投資、上半期は5億米ドル(08/26)

中国系「ザ・ワン・モール」、12月に開業へ(08/26)

首都北部の高層集合住宅、上棟式を実施(08/26)

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/26)

衣料品の在庫販売ショーイチ、3号店を開設(08/23)

首都港のコンテナ取扱量、1~7月は30%増(08/23)

パブリック銀行、公共サービスの手数料徴収(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン