• 印刷する

レオパレス21、サービスアパートに損保付帯

不動産大手レオパレス21は1日、子会社レオパレス21タイランドがタイ東部チョンブリ県シラチャーで運営・管理するサービスアパートの入居者に、火災などによる損害補償や賠償責任補償に対応した保険付帯サービスの提供を始めたと発表した。

サービスアパート「ステラレジデンス・シラチャー」の入居者に対して、あいおいニッセイ同和損保のタイ法人アイオイ・バンコク・インシュランスの損害保険サービスを提供する。火災や水漏れなどによる家財の損害補償、家主や第三者への賠償責任を補償する。

レオパレス21によると、タイではサービスアパートの賃貸借契約で、火災保険の加入が義務付けられていないことや、入居者に保険の加入を促す環境もないため火災保険の加入率が低い。

レオパレス21は2017年11月にベトナムの首都ハノイのサービスアパートに同社としては初めて海外での保険付帯サービスを提供。タイは2カ国目の提供となる。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 金融建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(03/22)

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン