折りたためるスマホ、中韓で競争が本格化

2019年にも登場する見込みの「折りたためる(フォルダブル)スマートフォン」を巡り、韓国と中国のメーカーによる本格的な競争が始まった。韓国最大手のサムスン電子がプレミアム製品として開発を進める。中国では華為技術(ファーウェイ)が世界初の発売を目指しているほか、広東…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国で一般的に使われる…(01/16)

サムスンがインド再攻略へ スマホ新製品投入、小米に対抗(01/16)

財閥トップ、文大統領と意見交換(01/16)

昨年12月の輸入物価指数、3.2%上昇(01/16)

生産可能人口の割合、08年以降最低に(01/16)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(350)(01/16)

現代・起亜自、最低賃金が労働問題に浮上(01/16)

公取委がトヨタに課徴金、広告で法違反か(01/16)

現代自、「ベロスターN TCR」を初公開(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン