タタ自の4~6月は赤字、傘下JLRが不振

インドの自動車大手タタ・モーターズは7月31日、2018年第1四半期(4~6月)の連結決算で、純損益が190億2,000万ルピー(約310億円)の赤字だったと明らかにした。前年同期は318億2,000万ルピーの黒字だった。売上高は前年同期比14%増の6,708億1,000万ルピーに伸びたが、傘下の…

関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス(18:54)

テイクオフ:「一足飛び」を数年前か…(10/23)

テイクオフ:インドに来てから何人の…(10/23)

企業の報奨旅行、インドで盛況 旅行会社は訪日誘致に熱戦(10/23)

宿泊予約オヨ、居住用物件の賃貸事業を始動(10/23)

中古車市場、本年度は1兆ルピー超えも(10/23)

ラカイン州、帰還難民向け仮設住宅を準備(10/23)

独系薬包装材ショット、西部工場で生産増強(10/23)

アルミスクラップ輸入量、上半期は21%増(10/23)

ダウンロード速度、上半期はRジオが首位(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン