• 印刷する

日越共同イニシアティブ、第7フェーズ開始

在ベトナム日本大使館は7月31日、「日越共同イニシアティブ」の第7フェーズがキックオフしたと発表した。ベトナム経済の持続的成長を実現するため、直接投資の「質」と「量」を改善し、ベトナムにおける産業競争力をさらに高めることを目的としている。

第7フェーズの行動計画は65項目。日越間で議論を重ね、2019年末に最終評価がなされることとなった。また、取り組み分野として、9つのワーキングチームが設置された。ワーキングチームは次の通り。(WT1)投資法・企業法、(2)司法制度改善、(3)土地法改正、(4)国営企業・株式市場改革、(5)裾野産業、(6)労働・賃金、(7)民間資金活用、(8)液化天然ガス(LNG)活用制度基盤、(9)サービス産業。

「日越共同イニシアティブ」は03年4月、日越両国首脳の合意によって開始された。第7フェーズのキックオフは、先月31日に開催されたベトナム計画投資省のグエン・チー・ズン大臣と梅田邦夫駐ベトナム大使、経団連日本ベトナム経済委員会の中村委員長と市川委員長を共同議長とする「日越共同イニシアティブ合同委員会」で宣言された。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

韓中の雑貨店が店舗網拡大 ムムソの偽装表示、政府が調査へ(08/16)

三菱、MPV「エクスパンダー」を輸入販売(08/16)

韓国の車部品オリエント、売上倍増の見込み(08/16)

配車アプリのファストバイク、サービス開始(08/16)

宅配ニンジャバン、新規登録で無料サービス(08/16)

プラごみ滞留は問題なし=ベトナムプラ協会(08/16)

ビナミルク、無償増資で3億株発行(08/16)

月餅商戦が本格化、ファミマも予約開始(08/16)

韓国ポスコ大宇、越企業との穀物取引拡大へ(08/16)

廃棄物処理ベターワールド、越で事業化調査(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン