台湾石油CPC、インドの石化施設に66億ドル

石油元売り台湾最大手の公営企業、台湾中油(CPC)は、インドで66億米ドル(約7,400億円)を投じて、石油化学コンプレックスを建設する計画だ。ビジネス・ライン(電子版)や台湾の中央通信社が伝えた。 CPCの李順欽・総経理とインドのプラダン石油・天然ガス相は7月31日、…

関連国・地域: 台湾インド
関連業種: 化学建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週金曜、ニューデリー…(08/21)

タイヤ大手は軒並み増益 需要堅調、各社が積極投資へ(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

トピー工業合弁、西部でホイールの生産開始(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

乗用車の輸出額、4~6月は米国が2位に(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

ボルボアイシャー、公共交通用EVに注力(08/21)

現代がインドでカーシェア、地場企業に出資(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン