当局が予防接種、ダム決壊で感染症対策

ラオスの保健当局は、南部アタプー県でダムの決壊に伴う大規模洪水の被災者らに対し、腸チフスやコレラ、破傷風などの感染症の予防接種を開始した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が1日伝えた。 ラオスのほかベトナムや韓国などから派遣された医療スタッフ100人以上が、避難所…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

世銀、栄養失調対策などに7200万米ドル支援(03/20)

首相がラオス議長と会談、8億円の支援伝達(03/20)

三井住友海上など、東南アでスマホ経由保険(03/20)

観光人材の育成、シンガNPOと提携(03/19)

首都で大気汚染悪化、PM2.5が基準超え(03/18)

ブルネイ航空が成田線就航(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン