• 印刷する

省エネ・環境車の車船減税、適用基準を改定

中国の財政省、国家税務総局、工業情報省(工情省)、交通運輸省は7月31日、省エネおよびエコ燃料の車両・船舶に対する新たな車船税の減免規定を発表した。省エネ車両および船舶は車船税を半額に減税し、エコカー(新エネルギー車=NEV)とエコ船舶は車船税を免除する。

2015年に公布した同様の規定を更新する。エコカーのうち、電気自動車(EV)の乗用車と燃料電池自動車(FCV)の乗用車は引き続き車船税の課税対象外となり、それぞれの商用車とプラグインハイブリッド車(PHV)は一定基準を満たした車両に免税措置が適用される。省エネ乗用車に求める減税対象の条件などは、改訂前より厳しくなっている。

減免税の対象車種は工情省などが共同で目録を作成、公布する。規定の詳細は財政省のウェブサイト<http://szs.mof.gov.cn/zhengwuxinxi/zhengcefabu/201807/t20180727_2973826.html>で確認できる。

車船税は07年1月1日施行の暫定条例に基づく税制で、車両や船舶の所有者または管理者が納税者。税額は、乗用車やバスなど人を乗せる自動車は1台当たり年60~660元(約980~1万790円)、トラックなど貨物運搬車両は16~120元などとなっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国際特許、アジアが過半数=18年出願(03/20)

テイクオフ:地下鉄に乗っているとさ…(03/20)

国内最長の橋建設、中国が2億ドル援助(03/20)

原発が4年ぶり新規着工へ 福建と広東、20年向け建設加速か(03/20)

昨年の国際特許出願、中国は2位を維持(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

中国銀行、商業省内に「中国デスク」設置へ(03/20)

中国企業のM&A、一帯一路沿線国で増加(03/20)

工業団地アマタ、中国企業の移転需要増予測(03/20)

ランメイ航空機、エンジン故障で引き返す(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン