• 印刷する

カビテの新貨物ターミナル、9月末に開業

フィリピンの運輸省は、カビテ州タンザの新たな貨物船ターミナルが今年9月末に開業すると明らかにした。同国初のRORO船(車両を自走で積み込める貨物船)とバージ船専用のコンテナターミナルで、開業すれば、首都マニラからカビテまでのトラックの交通量を減らすことにつながる。

同施設は、マニラ・インターナショナル・コンテナ・ターミナル(MICT)などを運営する港湾運営大手インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ(ICTSI)が建設中。敷地面積は6ヘクタールで、処理能力は年間11万5,000TEU(20フィートコンテナ換算)。同施設まで貨物を海上輸送することで、首都とカビテの間のトラック輸送回数を年間14万回削減できる。

マニラ首都圏では交通渋滞が深刻化しており、首都と工業地帯であるカビテの間の貨物輸送にも影響が出ている。国営フィリピン通信(PNA)によると、新ターミナルの開業により、渋滞2キロメートル分の解消につながる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

台湾の精錬会社、金回収技術を売り込み(12:52)

テイクオフ:日系企業の出張者と話し…(10/18)

金融引き締めスタンス休止も 中銀、前月比インフレ緩和で(10/18)

ネットベースの輸入申告システム、全国導入(10/18)

中国輸入博に大規模訪問団を派遣(10/18)

政府機関の予算消化率、1~9月は97%(10/18)

国際競争力は56位、インフラ整備に遅れ(10/18)

17日為替:$1=53.890ペソ(↑)(10/18)

ボラカイ島、eトライク200台を導入(10/18)

現代自が新ジプニー披露、商用車販売を強化(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン