• 印刷する

カビテの新貨物ターミナル、9月末に開業

フィリピンの運輸省は、カビテ州タンザの新たな貨物船ターミナルが今年9月末に開業すると明らかにした。同国初のRORO船(車両を自走で積み込める貨物船)とバージ船専用のコンテナターミナルで、開業すれば、首都マニラからカビテまでのトラックの交通量を減らすことにつながる。

同施設は、マニラ・インターナショナル・コンテナ・ターミナル(MICT)などを運営する港湾運営大手インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ(ICTSI)が建設中。敷地面積は6ヘクタールで、処理能力は年間11万5,000TEU(20フィートコンテナ換算)。同施設まで貨物を海上輸送することで、首都とカビテの間のトラック輸送回数を年間14万回削減できる。

マニラ首都圏では交通渋滞が深刻化しており、首都と工業地帯であるカビテの間の貨物輸送にも影響が出ている。国営フィリピン通信(PNA)によると、新ターミナルの開業により、渋滞2キロメートル分の解消につながる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

今年の衣料品輸出2割増へ 米中貿易摩擦で工場移転も(08/17)

14カ月給与法案、労使双方の意見を聴取(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

食品の関税引き下げ案、閣僚級委員会が否認(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

中期開発計画、17年は27件にODAが貢献(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

財閥DMCI、上半期は2割の増収増益(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

16日為替:$1=53.440ペソ(↑)(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン