• 印刷する

EV関連企業への税優遇策を財務省に提案

インドネシアのアイルランガ産業相は7月31日、国内で電気自動車(EV)製造に関係する企業を対象にした税優遇策を財務省に提案したと明らかにした。対象企業に対しては、早ければ8月中にもタックスホリデー(法人税一時免税措置)を付与する考えだ。1日付コンタン(電子版)が伝えた。

EVの技術開発や研究に対する税控除も同時に実施する。EVの輸入関税については、完全組み立て(CKD)車については、現行の5~10%を最大で5%とする。不完全組み立て生産(IKD)車については、7.5%の輸入関税を0%に引き下げ、実質関税なしで輸入できるようにする。

アイルランガ産業相は声明で、国内のEV開発戦略が低炭素車両(LCEV)開発の業界ロードマップ(工程表)に沿ったものであると説明。「CKD車やIKD車の関税が引き下げられることで、まとまった量のEVを国内で調達できるようになる。結果的に投資を増やすことにつながる」と述べた。

政府は2025年までに国内で流通する車両のうち20%を、EVを含むLCEVとする目標を打ち出している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

国際自動車展、欧州2ブランドも新モデル(04/26)

国産電動バイクと伊バイクの2社が初出展(04/26)

新日本コンサルが現法設立(04/26)

独ショット、医療用ガラス容器の生産増強(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

ピザハット運営社、年内にブカシに工場完成(04/26)

IoT関連機器の技術規定、年内に制定へ(04/26)

パナ、最上級スキャナーを5カ月に20台販売(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン