• 印刷する

簡易ごみ焼却施設を設置、首都郊外に

カンボジアの首都プノンペン政府は、郊外のプレックノブ区に簡易ごみ焼却施設を設置した。クメール・タイムズ(電子版)が1日に伝えた。

ごみ焼却能力は1日5トン。周囲の村2カ所に対応する能力しかなく、将来の大型施設の建設に向けた試験的施設の位置付けだ。

コウン・スレン都知事は「施設は首都の汚染や廃棄物問題の改善に貢献する」と述べた。焼却時に煙が出ず、焼却コストの低下にもなるという。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

証取所の投資家、11月時点で2万人突破(14:41)

外国人観光客、1~10月は11.5%増(20:38)

国連計画と一帯一路は好機 成長後押し、中国依存には慎重論(12/12)

韓国IBK銀が支店開設、資金需要に対応(12/12)

政府、1州5都市を産業開発優先区に指定(12/12)

人権NGO、縫製工場の生産ノルマに懸念(12/12)

公共事業省、水上タクシーの停泊駅増設へ(12/12)

フランチャイズ事業、法整備が必要(12/12)

首都―空港鉄道、片道運賃2.5ドルに(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン