• 印刷する

簡易ごみ焼却施設を設置、首都郊外に

カンボジアの首都プノンペン政府は、郊外のプレックノブ区に簡易ごみ焼却施設を設置した。クメール・タイムズ(電子版)が1日に伝えた。

ごみ焼却能力は1日5トン。周囲の村2カ所に対応する能力しかなく、将来の大型施設の建設に向けた試験的施設の位置付けだ。

コウン・スレン都知事は「施設は首都の汚染や廃棄物問題の改善に貢献する」と述べた。焼却時に煙が出ず、焼却コストの低下にもなるという。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

財閥チップモン、商業銀行を設立(16:17)

米中貿易摩擦で「恩恵」も 旅行用品の輸出拡大、制裁回避で(08/14)

労組は月200ドル超提案へ、19年最低賃金(08/14)

首相、本田選手の代表GM就任に祝辞(08/14)

タイ流通のマクロ、シエムレアプに新店舗(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

ポイペトに4つ星ホテル、投資当局が認可(08/14)

洪水被害で死者15人、水田も深刻な打撃(08/14)

ピンクチラシ配布、中国人7人逮捕(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン