• 印刷する

韓国とトルコ、サービス分野のFTA発効

韓国とトルコのサービス・投資分野の自由貿易協定(FTA)が1日、発効した。2015年2月の署名から3年半を要した。

両国は13年にFTAを結んでいるが、対象は商品のみだった。今回の発効で、サービスや投資分野にまで自由貿易範囲が拡大される。

サービスでは、沿岸海上運送や航空運送、政府提供サービスなどの分野を除いたほぼ全てのサービスの障壁をなくした。産業通商資源省によると、建設や映画、環境など18分野は、世界貿易機関(WTO)ドーハ・ラウンドの譲許案よりも高い水準で市場開放されるという。

投資は「ISDS(投資家と国家の紛争解決)」を通じて、企業の投資保護を強化する。これにより、韓国建設企業などのインフラ投資に弾みがつくとみられる。


関連国・地域: 韓国中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

現代とLG、トルクメンで石化プラント完成(17:07)

若者狙いの中国限定新SUV、現代自が投入(17:06)

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

政策金利据え置き、7回連続=韓国銀行(10/19)

GS会長「東南ア市場拡大へタイを拠点」(10/19)

イタリアと経済協力強化へ、産業通商省(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

訪朝した経済人が勉強会、サムスン副会長ら(10/19)

韓国の家電輸出が2割減、米保護主義が影響(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン