• 印刷する

テイクオフ:旺角・西洋菜南街の歩行…

旺角・西洋菜南街の歩行者天国がついに終幕を迎えた。これまで「トレンドの発信地」、「下町マーケット」という2つの顔を同時に楽しめる場所として愛されていたが、近年は名前を聞くだけで眉間にしわを寄せる人も少なくなかっただろう。

シンガー、大道芸人、座談会開催者、似顔絵描きがここに集まり、見るだけでも楽しかったが、騒音が問題だった。特に近年はおばあさん、おじいさんがスピーカーを用意して思い切り歌ったり踊ったり。近隣の住民はもちろん、周辺の小売店舗まで大変な影響を受けていた。

商業の発達した香港社会で商売をするなら、常にさまざまなライセンスが問われる。しかし外国では珍しくはないストリートパフォーマンスのライセンスは発行していない。いつか解禁されるとき、ぜひパフォーマンスの内容と質で発行の可否を判断してほしい。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

香港、住宅政策が市場リスク抑制=IMF(12/14)

マカオと本土、CEPA貨物貿易協定を締結(12/14)

大湾区関連の新基金発足、企業と若者支援(12/14)

ETF通と香港株実名制を来年実現、SFC(12/14)

3日続伸、市場ムードが好転=香港株式(12/14)

日本信義、新ブランド「SJホーム」立ち上げへ(12/14)

本土でモバイル決済、口座なしでも可=中銀(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン