6月の通貨供給量、伸び率は11.7%に減速

フィリピン中央銀行が7月31日に発表した2018年6月の通貨供給量(マネーサプライ、M3)は11兆589億ペソ(約23兆2,900億円)となり、前年同月から11.7%増加した。伸び率は5月の14.3%から減速した。前月比(季節調整済み)では0.1%減だった。 M3は広義の流動性を示す指標で…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラの夜道、iPho…(10/17)

トヨタ、グラブと新車購入支援 提携具体化、ASEAN初の試み(10/17)

東芝エネシステムズ、水素発電を比普及へ(10/17)

「一帯一路」基金、7千億円を対比投資(10/17)

政府GDP成長目標、6.5~6.9%に下方修正(10/17)

「歳出削減も」財務相が増税先送りをけん制(10/17)

16日為替:$1=53.960ペソ(↑)(10/17)

地場ウデンナ、ダバオでモノレール敷設計画(10/17)

物流LBC、ブルネイの関連2社株5割取得(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン