7月31日指数は反発、石化などに買い資金移動

7月31日の台湾株式市場で加権指数は反発。終値は前日比23.97ポイント(0.22%)上昇し11,057.51ポイント、売買代金は1,562億9,900万台湾元(約5,670億円)だった。 月末を迎えた集中市場は、資金が金融や石化、プラスチックなどに移った。ハイテクは総じて軟調、受動部品株は一部…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾の政治家は選挙が終…(12/10)

最賃改定で自動化対応に需要 ヤンゴン、繊維業見本市に130社(12/10)

11月の輸出額、2年ぶり減少 対中国8%減、iPhone不振も影響(12/10)

中国からiPhone組み立て移管 台湾大手がバタムに、誘致推進へ(12/10)

TSMC、今後5年資本的支出は年120億米ドル(12/10)

聯発科技、初の5G向けチップを発表(12/10)

中華電信がゲーミング注力、光ファイバー敷設へ(12/10)

液晶パネル4社、11月は軒並み減収(12/10)

韓国の建設デウォン、越事業拡大へ資金確保(12/10)

国巨の11月売上高、貿易摩擦で前月比14.8%減(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン