藍鼎国際がマニラでカジノ開発、15億米ドル

香港上場で、韓国でリゾート開発を手掛ける投資持ち株会社、藍鼎国際発展(ランディング・インターナショナル・デベロップメント)はフィリピンのマニラで、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)「NayonLanding」を開発する計画だ。投資総額は約15億米ドル(約1,670億円)の見通…

関連国・地域: 香港韓国フィリピン
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

東南アへの貨物輸送、大橋利用で1日に短縮(13:20)

テイクオフ:香港島セントラル(中環…(10/24)

港珠澳大橋の開通式典を開催 習国家主席が主宰(10/24)

港珠澳大橋、きょう開通 珠江西側の日系企業に物流で恩恵(10/24)

高速鉄道の1日利用5万人、予測4割下回る(10/24)

〔政治スポットライト〕与党補選敗退、香港企のAPA買収困難に(10/24)

香港輸出4Qに悪化か、貿易摩擦影響大きく(10/24)

香港でセミナー開催、投資拡大を呼び掛け(10/24)

電子企業、本土工場の移転検討=貿易戦で(10/24)

ウィーチャットペイ、セブンなど600店で導入(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン