政府、南部ダム決壊の原因調査へ

ラオスの南部アッタプー県で7月23日に発生し、大規模洪水を引き起こしたダム決壊について、トンルン首相は原因の究明を図る方針を明らかにした。国営パテト・ラオ通信(KPL)、ラオス・タイムズ(電子版)が伝えた。 トンルン首相は「ダムが決壊した原因を徹底的に調査する。…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都の商業地区が浸水、メコン川の水位上昇(08/21)

カンボジアとラオス、18年貿易2400万ドルに(08/20)

徴税強化を指示、国境で摘発拡大=財務省(08/20)

デジタル化対応めぐりCLMVTフォーラム(08/20)

国造りに活路、隣国から移転 パクセー特区戦略(下)企業の思い(08/17)

法律の実効性強化が必要、司法省(08/17)

「日系中小企業」に商機あり パクセー特区戦略(上)調整を重視(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン