• 印刷する

マヒンドラ、高級MPVを9月末までに発売

「マラッゾ」のフロントグリルイメージ(M&M提供)

「マラッゾ」のフロントグリルイメージ(M&M提供)

インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は7月31日、新たな多目的車(MPV)「マラッゾ(Marazzo)」を9月末までに発売すると発表した。高級MPVと位置付け、ラインアップを強化する。

「U321」のコードネームだったモデルの正式名称を明らかにした。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)によると、7人または8人乗りで、新開発の1.5リットルディーゼルエンジン搭載モデルのほか、ガソリン車を販売する見通し。南部マハラシュトラ州のナシク工場で生産する。価格は同社のスポーツタイプ多目的車(SUV)「XUV―500」の約130万ルピー(約210万円)を上回る水準に設定される見通し。

インド南部チェンナイに置くマヒンドラ・リサーチ・バレー(MRV)と北米のマヒンドラ・ノース・アメリカ・テクニカル・センター(MNATC)が共同で開発した。デザインは16年に買収したイタリアのピニンファリーナが担当。「サメ」をイメージしたフロントグリルやテールランプ、エアロダイナミクスを高めたデザインが特徴という。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン