• 印刷する

マヒンドラ、高級MPVを9月末までに発売

「マラッゾ」のフロントグリルイメージ(M&M提供)

「マラッゾ」のフロントグリルイメージ(M&M提供)

インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は7月31日、新たな多目的車(MPV)「マラッゾ(Marazzo)」を9月末までに発売すると発表した。高級MPVと位置付け、ラインアップを強化する。

「U321」のコードネームだったモデルの正式名称を明らかにした。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)によると、7人または8人乗りで、新開発の1.5リットルディーゼルエンジン搭載モデルのほか、ガソリン車を販売する見通し。南部マハラシュトラ州のナシク工場で生産する。価格は同社のスポーツタイプ多目的車(SUV)「XUV―500」の約130万ルピー(約210万円)を上回る水準に設定される見通し。

インド南部チェンナイに置くマヒンドラ・リサーチ・バレー(MRV)と北米のマヒンドラ・ノース・アメリカ・テクニカル・センター(MNATC)が共同で開発した。デザインは16年に買収したイタリアのピニンファリーナが担当。「サメ」をイメージしたフロントグリルやテールランプ、エアロダイナミクスを高めたデザインが特徴という。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドを離れる友人と、…(04/24)

倉庫面積が22%増と急拡大 GST追い風、22年には2倍に(04/24)

3月の国内線旅客数、0.1%増に急減速(04/24)

スズキ「アルト」、車種別販売で首位を維持(04/24)

独VW、排ガス不正問題で最高裁に上訴(04/24)

シュコダ、スパーブに新型ローンを導入(04/24)

鋼材ウッタム系2社の再建案、銀行団が承認(04/24)

ビール販売、18年は前年比4.6%増(04/24)

太陽光複合事業、入札期限を5月14日に延期(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン