• 印刷する

無農薬野菜の市場、シエムレアプなどで開設

カンボジア農林水産省は、北西部シエムレアプと中部コンポントムで無農薬野菜を販売する市場を開設した。クメール・タイムズ(電子版)が7月31日伝えた。

農水省は2017年から3年間の「食糧増産計画(BFPP)」の一環で、シエムレアプとコンポントム、南部カンダルとコンポンチャム、北西部バッタンバン、西部プルサット、南東部プレイベン、東部トボンクムンの計8州で無農薬野菜の栽培事業を促進。今回の2カ所を含め、これまでに8カ所の無農薬野菜市場を開設した。

農水省はBFPPに2,000万米ドル(約22億円)を投資。野菜とコメの栽培に5割ずつを割り当て、17年は農家820軒が1万230トンの無農薬野菜を生産した。園芸作物・裏作局は、今年に2,060軒が3万3,000トンを出荷すると予想。来年の生産量は4万5,000トンに拡大するとの見通しを示した。

農水省は来年、バッタンバンとカンダルの両州で、無農薬野菜の市場をそれぞれ現在の1カ所から2カ所に増設する計画だ。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

コンテナ飲み屋街が閉鎖 土地代高騰、客足に陰りも(12/13)

証取所の投資家、11月時点で2万人突破(12/13)

対外債務拡大の懸念は不要、経済財政委(12/13)

アムルライス、ベトナムの新規制を懸念(12/13)

台湾系ユニオン銀、新本店ビルの落成式開催(12/13)

外国人観光客、1~10月は11.5%増(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

国連計画と一帯一路は好機 成長後押し、中国依存には慎重論(12/12)

韓国IBK銀が支店開設、資金需要に対応(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン