• 印刷する

ヤンゴン高架環状道、来年着工へ=副建設相

ミャンマーのチョー・リン副建設相は7月30日の連邦議会で、最大都市ヤンゴンの高架環状高速道路事業について、2019年に着工し、22年までの完成を目指すと述べた。電子メディアのイラワジが同日伝えた。

同事業は官民連携(PPP)方式で進められる計画で、ミャンマーを含む12カ国の53社・企業連合から関心表明書(EOI)が既に提出されている。建設省は12月に提案依頼書(RFP)を募集し、続けて国際入札を実施する予定としている。

建設省は今年1月、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)と同事業の財務顧問契約を締結している。

ヤンゴン高架環状道路は、全長約47.5キロメートル。ヤンゴン中心部のダウンタウン地区、ヤンゴン港、ヤンゴン国際空港、ミンガラドン工業団地をつなぎ、第2の都市マンダレーとヤンゴンを結ぶ高速道にも接続する計画だ。

建設省が先ごろ公表したリストによると、日本からは、IHI、JFEエンジニアリング、鹿島、丸紅、双日、住友商事、東急建設の7社がEOIを提出した。海外勢では中国が最多の13社で、タイ、インド、韓国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、フランス、トルコの企業も名を連ねている。ミャンマーからはマレーシア企業との連合を含む17社が提出した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

欧州企業の景況感、低下続く 高い魅力も難民問題足かせ(12/12)

仏の7千万ユーロ融資、会計委が凍結提案(12/12)

ヤンゴンの発電所向けLNG供給、来年整備(12/12)

レンタルバイク禁止、ダウェー観光に影響も(12/12)

森林局、民間人工林の木材輸出を許可へ(12/12)

与党、地方首相や議員の監視チーム設置へ(12/12)

ラカイン北部の夜間外出禁止令、2カ月延長(12/12)

日本語教師の育成が本格化 受け入れ増へ、官民が取り組み(12/11)

断罪の一方的裁判続く、ロイター記者逮捕から1年(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン