香港の製帽大手、バングラ工場で貿易戦回避

香港上場の製帽大手、飛達帽業控股(メインランド・ヘッドウエア)は、バングラデシュの現地工場から米国に製品を輸出することで、米中貿易戦争の影響を回避する方針だ。米国の顧客企業から製品を中国本土製からバングラデシュ製に切り替えるよう要請を受けたという。7月31日付香…

関連国・地域: 中国香港バングラデシュ米国
関連業種: 繊維その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米社も香港見通しを引き下げ 社会混乱、中国との一体化懸念(09/18)

生産力局、中小・ベンチャー企業を支援(09/18)

6~8月の失業率、横ばいの2.9%(09/18)

多国籍企業の9割、香港撤退ならシンガへ(09/18)

ホワイトカラーの6割、企業側が人員削減検討(09/18)

「大規模な資金流出見えず」、HKMA総裁(09/18)

香港取引所、LSEの主要株主と直接交渉(09/18)

続落、世界経済に懸念広がる=香港株式(09/18)

MTR東鉄線で脱線事故、8人けが(09/18)

マカオ結ぶフェリー2社、そろって減便(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン