• 印刷する

高速SA5カ所、新たに運営業者選定

台湾の交通部台湾区国道高速公路局(高公局)は、高速道路サービスエリア(SA)全14カ所のうち5カ所の営業契約が2019年初めに終了することを受け、8月から公開入札による新たな運営事業者の選定作業に入る。SA運営を手掛ける南仁湖企業や流通大手の統一超商(プレジデント・チェーンストア)、食品・流通大手の新東陽グループが既に入札の意向を示しており、競争激化が予想される。7月31日付経済日報が伝えた。

現在、新東陽グループが運営する関西SA(新竹県関西鎮)は8月6日に、南仁湖企業が運営する泰安SA(台中市后里区)は26日にそれぞれ入札が締め切られる。南仁湖企業が運営している中レキSA(桃園市中レキ区、レキ=土へんに歴)、湖口SA(新竹県湖口郷)、統一超商が運営する仁徳SA(台南市仁徳区)は、8月初旬に入札の詳細を発表する予定。

高公局業務組の劉逢良組長によると、湖口SA、泰安SA、仁徳SAは周辺に開発可能な土地があることから、ROT(改修、運営、譲渡)方式での委託になるという。従来は契約期間を6年間とし、業績が良ければ3年間の延長が可能だが、湖口SAと泰安SAはROT方式で投資額が大きいことから、契約期間を9年、最大3年の延長が可能とした。


関連国・地域: 台湾
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本囲碁界の7大タイト…(12/12)

外国人材の活用を、福岡市でセミナー(12/12)

工作機械、11月輸出がマイナス 中国向け11%減、一部で生産調整(12/12)

鴻海11月の売上高、過去2番目の高水準(12/12)

聯発科技11月は1割減収、今年3番目の低さ(12/12)

PC2社の売上高、11月はそろって減収(12/12)

ノートPC受託5社、11月は明暗分かれる(12/12)

テスコム電機、台湾でサロン向けブランド(12/12)

日本食研が嘉義工場着工、台湾本社も移転へ(12/12)

台湾の航空宇宙産業競争力、27位に急落=PwC(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン